【競艇の穴狙い】予想のコツはA1から降格したB2選手!?

masters8

B2級でも実力はA1級レベル!?

競艇の予想をする際、必ずと言ってもいいほど参考にする点。

それが・・選手の階級です。

出走表選手階級

B2級のルーキーより、A1級の賞金王に期待するのは無理もありません。

しかし、予想をするにあたって、あまりも階級だけに左右されるのはオススメしません。

なぜなら、出走表には全く記載されていない「隠れる罠が存在するから。

今回はその罠を徹底的に暴いたタメになる情報をお伝え致します。

競艇選手には降格がある

競艇選手の階級は基本的に・・

期別の勝率で決まります。

同時に、各階級ごとに決められた出走回数や2連対率、3連対率、事故率の一定の数字を満たす必要があります。

主な階級の振り分けは以下の通りです。

  • A1級:選手全体の上位2割。
  • A2級:A1級を除く上位2割。
  • B1級:A1.A2級を除く上位5割。
  • B2級:残りのレーサー。

級別に斡旋されるレースなどが異なり、昇格や降格が存在するのも競艇界の特徴です。

級別審査は年2回実施。

基本的に以下の期間で実施されます。

*前期

  • 【審査】前年5/1~前年10/31
  • 【実施】当年1/1日~当年6/30

*後期

  • 【審査】前年11/1~当年4/30
  • 【実施】当年7/1日~当年12/31

事故率とは?

事故率とは、事故点の合計を出し出走回数で割ったものになります。

事故点の詳細は下記の通り。

  1. フライング(F)選手責任の出遅れ。
    20(優勝戦は30
  2. 妨害失格。
    15
  3. 転覆、落水、沈没、不完走、欠場など選手責任の失格。
    10
  4. 不良航法、待機行動違反。
    2

級別審査期間の事故率が0.70を超えると・・

なんと一気にB2級に降格します。

今期降格した注目選手を大公開!

ここからは、つい先日までA1級で戦っていたのに今期からB2級に降格した選手を紹介。

降格したとはいえ・・

第一線で長く戦っていた選手。

実力は申し分ありません。

今後の一般戦での戦いともなれば、実力差がハッキリ出ることでしょう。

早速、注目選手を順にご紹介します。

平尾崇典(A1→B2級)

  • 支部:岡山
  • 実績:SG優勝6回。G1優勝5回。
  • 勝率:7.02

平尾崇典

競艇ファンの中で名前を知らない人はいないレジェント選手。

地蔵乗り」という小回りに優れる乗り方をすることから、地蔵ターンなどとも言われる平尾選手の旋回は見るものを魅了します。

そんな平尾選手も2019年は事故点が多いシーズンでした。

2019年5月1日~10月31日の期間中に2回のフライング

SGレースへの選出も除外され、90日間のフライング休みも経験しました。

しかし、実績は十分な選手。

今期は一般での戦いが多くなりますが・・

他を圧倒するレースが見られるかも。

後藤翔之(A1→B2級)

  • 支部:東京
  • 実績:G1優出2回。
  • 勝率:6.35

後藤翔之

後藤翔之選手も今期B2級に降格した一人。

しかし、事故点が原因ではありません。

後藤選手は写真週刊誌に掲載された不倫スクープが原因。

5月の褒章懲戒審議会で3ヶ月の出場停止処分が下りました。

そのため、元々未消化だったフライング休み分を含めると対象期間中が出走回数不足になり降格に。

イレギュラーな出来事ではありますが、一気にB2級まで降格となりました。

しかし、話題も冷めてきた2020年は年明けから一般レースで好成績を残しています。

平均スタートタイムも0.12と絶好調。

心機一転した後藤選手にも注目です。

田頭実(A1→B2級)

  • 支部:福岡
  • 実績:SG優勝2回。G1優勝5回。
  • 勝率:7.01

田頭実

最後に紹介するのは田頭実選手。

平尾選手同様にSGタイトルホルダー。

福岡支部では数多くの若手レーサーを育ててきました。

しかし、そんな田頭選手も今期はB2級。

2019年は10年ぶり2回目のF3と散々。

元々スタート事故が多い選手なだけに、長期間のペナルティが多い選手としても知られていました。

2020年は比較的安全なスタートを切ってることもあり連対率も上昇。

旋回には定評があるため、どのコースからでも勝負できる選手と思って良いでしょう。

穴狙いのコツとまとめ

ここまで、競艇の穴を狙うコツと注目選手について解説してきました。

今まで高配当を当てるには、単に階級が低い選手を予想に絡め、奇跡を信じるしかないと思ってた方も多かったのではないしょうか?

しかし、実際は選手を見極めれば万舟を狙えるレースがあるということが、今回の記事を通して理解できたかと思います。

また、上記にあげた選手以外にも、2020年前期は多くの実力者が降格しています。

氏名 支部 2019年後期 2020年前期
今村暢孝 福岡 A1級 B2級
滝沢芳行 埼玉 A2級 B2級
入海馨 岡山 A2級 B2級
川口貴久 東京 A2級 B2級

A級選手とB2級選手の間には大きな実力差が生まれる為、しっかり一般戦で戦う実力者を確認しておきましょう。

また、こうした選手情報を網羅し予想を配信しているサイトも存在します。

それが、24ボートです。

24ボート

24ボートは最新のAI技術を駆使して予想を提供。

選手の階級の変動や選手の前付けが予想されるレースなども、豊富なデータベースから精査して見事に読み切ります。

実際にボートレース予想Mastersの検証記事を見れば一目瞭然。

無料予想でも高配当を連発しています。

レースの選定の上手さで言えば、数ある競艇予想サイトの中でも随一でしょう。

是非ユーザーの皆様も「勝てる高配当レース」が気になった方は登録してみては如何でしょうか?

24ボートの予想をGET

検証記事で過去の戦歴をチェック

それではまたお会いしましょう。

お得な情報はLINE公式アカウントで配信中

ボートレース予想Mastersは・・

LINE公式アカウントでも情報を配信しています。

公式アカウントを友達追加しておくと、登録者限定の特典が盛りだくさん!

  • 厳選されたレースの買い目が配信
  • 新サイトの記事を一早く読める
  • 旬の最新コラムをお知らせ

厳選されたレースの買い目までもLINE公式アカウント登録者限定でGETできちゃいます。

例)大好評!厳選予想配信歴

配信した厳選買い目の累計勝率は・・

驚異の70%超え!

SGレースも難なく的中。

今の狙い目”を是非お見逃しのないように!

カテゴリー一覧

レース場から探す