【2023年】競艇でクビになりそうな選手をまとめてみた!

【2023年】競艇でクビになりそうな選手をまとめてみた!

こんにちは!マスターズ管理人の鶴川学です。

今回は、2023年においてクビになりそうと噂されている選手を紹介していきます。

競艇選手は一見、華やかそうに見えますが、実は彼らを取り巻く環境はとても過酷。

この記事を最後まで読めば、競艇選手に対する見方が大きく変わるはずなので、ぜひ最後までご覧ください!

監修者
競艇予想家・競艇ライター鶴川 学(42歳)

脱サラし、競艇予想家・ライターとして活動中。競艇歴は19年。様々な雑誌やWEBサイトで競艇に関するコラムを執筆する。データを駆使した予想が得意で的中率は業界トップクラス。個人の予想は12年連続で+収支を継続中。

【2023年最新版】クビになりそうな選手をまとめてみた

早速、クビになりそうな選手を紹介していこうと思います。

先に言っておくと、これから紹介するのはあくまでされている選手。

その点を踏まえて確認していただければと思います。

それでは、2023年にクビになりそうな選手を見ていきましょう。

上記の選手が「クビになりそう」と噂されている主な原因は成績不良。

後に詳しく紹介しますが、不調が続いた場合は引退勧告を受けることがあり、その勧告を受けて引退する選手は少なくありません。

もしかすると、勧告を受けて引退する選手が出てくるかもしれませんね。

引退疑惑の選手情報を先取り!?裏ルートで情報を仕入れている予想サイトが凄すぎた!

この手の競艇選手に関する情報は、舟券購入者にとってかなり重要。

情報を制すものが競艇を制すといっても過言ではありません。

しかし、我々一般人では情報を集めるにしても限界があります。裏の情報を基に予想するのは100%不可能です。

そこで活用するべきなのは、裏ルートで情報を仕入れている予想サイト。

みずたび

みずたびという予想サイトは選手の能力だけでなく、節の状況や関係者からの情報(交友関係や癖)を基に買い目を構築。

その精度は凄まじく、34戦中29回的中させるという快挙を成し遂げています。

ちなみに、この予想はみずたびをLINE追加するだけで受け取ることが可能。

まだ世間に浸透していない裏技をぜひ、この機会にお試しください。

▶︎LINE追加して買い目を見る

2023年に競艇で引退した選手一覧

クビになったわけではありませんが、一身上の都合で引退した選手が今年は39名います。

以下に月ごとに引退した選手をまとめてみました。

氏名 支部 登録番号 引退日
山口俊英 佐賀 3051 2023年1月4日
中村格 岡山 3879 2023年1月4日
窪田好弘 福井 3283 2023年1月4日
新地雅洋 大阪 3079 2023年1月4日
岩谷真 東京 3382 2023年1月4日
二宮博貴 東京 4921 2023年1月4日
福田慶尚 広島 4955 2023年1月4日
野澤大二 東京 3382 2023年1月6日
吉田隆義 愛知 3231 2023年1月11日
長溝一生 佐賀 3522 2023年1月23日
鈴木幸夫 愛知 2876 2023年2月9日
小羽正作 福岡 3683 2023年2月22日
前本泰和 広島 3573 2023年2月22日
森秋光 岡山 3443 2023年3月2日
濱村芳宏 徳山 3295 2023年3月7日
木村詳子 山口 4783 2023年3月24日
竹本太樹 大阪 4162 2023年3月27日
中村亮太 長崎 4070 2023年4月6日
真田翔磨 福岡 5119 2023年4月7日
横田悠衣 愛知 4742 2023年4月14日
山本宝姫 山口 4937 2023年4月26日
吉田健太郎 愛知 4021 2023年4月27日
秦直也 岡山 4971 2023年4月27日
松浦努 岡山 3424 2023年5月15日
宮西真昭 佐賀 3506 2023年5月26日
桐村翔太 大阪 4920 2023年6月19日
佐々木巌 山口 4153 2023年6月22日
宮田政勝 福岡 3734 2023年6月26日
池田信治 岡山 3561 2023年6月28日
藤川利文 福岡 4250 2023年6月28日
古場健也 福井 5024 2023年7月5日
山口貢耀 福岡 4749 2023年7月14日
木村楓 山口 5040 2023年8月16日
向達哉 大阪 3725 2023年8月23日
新美恵一 愛知 3331 2023年9月1日
沓名貴輝 愛知 4999 2023年9月1日
森岡満郎 岡山 3815 2023年9月11日
池田なな 大阪 5168 2023年9月25日
落合敬一 長崎 3151 2023年10月5日

選手が引退する際、理由は大体的に発表されません。

そのため、なぜ引退したのかを知る術はその選手の成績を見て読み解く、もしくは直接本人の口から語られるのを待つ2つです。

引退したその後を知りたい方は、ネットやSNSを使って調べてみるといいでしょう。

引退勧告は実質クビ・・・?

先ほど少し話に出てきた『引退勧告』とはどのようなものなのか。

競艇に関する知見が浅い方もいると思うので、簡単に説明します。

引退勧告とは、組織側が選手に対して引退することを勧めること。

あくまで『勧告』ですので『命令』ではない点は間違えないようにしましょう。

基本的に、組織側は強制的に選手をクビにできません。

そんな引退勧告ですが、どのタイミングで受けるのか。

続いては、引退勧告されるタイミングを見ていきましょう。

引退勧告されるのはどんなタイミング?

引退勧告されるタイミングは以下の4通りです。

タイミング

・4期通算で勝率が3.8を切った場合

・4期通算で勝率が4.8を切った場合(デビューして33年経った選手が対象)

・4期通算事故率が0.7以上の場合

・4期通算出走回数が60回未満の場合

それぞれ順番に見ていきます。

4期通算で勝率が3.8を切った場合

まず紹介する条件は『4期通算で勝率が3.8を切った場合』です。

競艇における1期とは半年のことを指すので、4期は2年ということ。

つまり、2年間で見たときの通算の勝率が3.8を切った場合に組織側から引退勧告されることです。

勝率を求める式は、『着順点の合計÷出走回数』。

着順点はこのようにして付けられます。

着順 予選〜準優 予選〜準優
1着 10点 11点
2着 8点 9点
3着 6点 7点
4着 4点 6点
5着 2点 4点
6着 1点 3点

ちなみに、2年間で見たときの通算の勝率が3.8を切っていたとしても、デビューから5年経っていない若手の選手は引退勧告されません。

この理由は、成長しきる前には実力を測れないからです。

4期通算で勝率が4.8を切った場合(デビューして33年経った選手が対象)

デビューして33年が経つと、超えていなければならない勝率のボーダーラインが3.8から4.8に変更されます。

4期通算で勝率を4.8以上に上げるには、少なくとも一般戦で最低でも3、4着には常に入っておかなければなりません。

ベテラン選手にとってはさほどハードルは高くないのでは?

と考える方もいると思いますが、年を重ねるにつれ瞬発力や体力は落ちていくもの。

加齢による衰えが原因で引退する選手は少なくありません。

一般的に50歳を超えたあたりで引退を考える選手が多いので、勝率が4.8を切った時に受ける引退勧告は、選手から退く1つの大きな指標となっています。

4期通算事故率が0.7以上の場合

事故率は、級別審査期間中に加算された合計事故点を出走回数を割ったものです。

事故点が加算される状況とそれぞれの点数はこちら。

事故要因 事故点
優勝戦でのF・L 30点
優勝戦以外でのF・L 20点
妨害失格 15点
選手責任の失格・欠場 10点
選手責任外の失格・欠場 0点
不良航法・待機行動違反 2点

これらの事故点は罰則が執行されてもリセットされず、常に加算されていきます。

事故率が0.7を超えると引退勧告が届くだけでなく、来期からB2級に降格。

また、事故率が1.00を超えると6ヶ月の斡旋保留となります。

どれだけ勝率・階級が高い選手でも、この事故率が高いと例外なしに降格・斡旋保留となるので、かなり重いペナルティと言えるでしょう。

4期通算出走回数が60回未満の場合

ここまで紹介した引退勧告を受ける条件が、どれも成績や事故率に依存することがわかったと思います。

では、出走回数を減らして下手に勝率を下げる・事故を起こす機会を減らせばいいのか?

いいえ、現実はそう甘くはありません。

実は4期通算出走回数が60回未満の場合も引退勧告を受ける条件の1つです。

強い選手であれば斡旋回数は多いものの、逆にあまり勝てない選手は自ずと斡旋回数が少なくなってしまうので、この条件に引っかかりやすくなっています。

また、先ほど紹介したように、事故率が一定値を超えると斡旋保留となり出走数はさらに激減。

こうなると引退勧告を回避するのはほぼ不可能に近いでしょう。

『引退勧告』が存在するのはなぜ?

選手を脅かす引退勧告が存在するのはなぜなのでしょうか。

それは、レースの質を落とさないためです。

仮に引退勧告がなければ、極端な話、選手生活をいつまでも続けることができます。

一方、新人選手も毎年誕生しているので、競艇選手は増えるばかり。

そうなると全体で見たときの選手間の実力に大差が付きづらくなり、レースの見どころは減ることでしょう。

引退勧告はそんな風にレースの質を落とさないために存在するものであり、なくてはならない制度なのです。

選手が自主的に引退する場合もある

中には勧告を受けずとも、自ら引退する競艇選手も存在します。

主な理由は身体の衰え。

競艇はコンマ1秒を争う世界なので、経験を積んだベテラン選手であっても一時の判断の遅れで負けてしまうことも珍しくはありません。

このようなことが続けば次第に勝率は落ちてしまうので、引退を考えるのも無理はないでしょう。

また、勝たなければ上にいけないという勝負の世界であることや、事故が起きると最悪の場合死に至ることに対するメンタル面へのダメージが引退のきっかけになることもあります。

競艇選手の平均年収は1,000万円を超えていますが、その背景にはこの記事で紹介した事情が存在します。プロとしてデビューしたとしても、厳しい現実に耐え抜かなければ選手生命は潰えてしまいます。

クビになりそうな選手2023まとめ

ここまで競艇の引退勧告について紹介してきました。

競艇選手はデビューした後も過酷な環境下で戦っていかなければならないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

毎年新たな選手がデビューを果たしていますが、それと同じくらい多くの選手がさまざまな理由で引退をしています。

側から見ても、引退勧告される条件は厳しい・・・。

現存する選手にはこれからも頑張ってほしいですね。

競艇ファン必見!より競艇を楽しむための“裏技”とは?

皆様は競艇を楽しんでいますか?

  • ギャンブルとして楽しむ
  • 現地で迫力のあるレースを見る
  • 好きな選手を応援する

などなど。人によって楽しみ方はそれぞれでしょう。

舟券を購入する上で最低限楽しむことは必要ですが、レースを見ているだけじゃつまらないですし、自分で予想せずとも”稼ぐこと”ができたら、楽しさは更に倍増します。

「そんな魔法みたいな方法はない!」

と、思いの方・・・

競艇マスターズが厳選した『最強の競艇予想サイト』を使ってみてください!

例えば『競艇ギャラクシー』というサイト。

競艇ギャラクシー

使い始めの1週間で12万円のプラスになり、1ヶ月後には軍資金の8,000円が20万円に化けました!(笑)

しかもこれ、無料で公開されている予想で勝負した結果です。

他にも、2月のMVPに輝いた『おびわん』という予想サイトもおすすめ。

おびわん

おびわんの魅力はローリスク・ハイリターンが実現すること。

89%という的中率を維持しながらも平均払戻は36,900円!!

正直、負ける気がしません(笑)

推しを応援したり、自分で予想するのが醍醐味ではありますが、もしもの時のリスクはできるだけ軽減したいですし、どうせだったら勝ちたいのも事実。

だからこそ、最強の競艇予想サイトを保険に楽しんでください!

登録はLINEの友達追加だけでOK!

その日からスグに利用できますし、舟券代金以外はお金がかからないので、この機会にぜひ、試してみてください!

▶︎競艇ギャラクシーの買い目を見る

▶︎おびわんの買い目を見る

LINE公式アカウントでは限定情報を配信中!

より便利に!より使いやすく!

ボートレース・競艇予想MastersのLINE公式アカウントがリニューアルされました。

LINE公式アカウントの友だち追加をしておくだけで、厳選されたレースの買い目から新サイトの情報が、いち早くキャッチできます。

周りと差をつけるためにも、是非お見逃しのないように!

競艇・ボートレースMastersのLINE公式アカウントのリニューアルについての詳細

このコラムに関する口コミ

コメントはまだありません。

このコラムに関する口コミを募集しています

選択されていません

カテゴリー一覧

レース場から探す