レッツボートを実際に利用してみた

レッツボート
1.0
( 口コミ:2件 )
vice

レッツボートを実際に利用してみた

競艇予想サイトのレッツボートの予想をチェックし、実際に舟券を購入して調査してみました。
提供された無料予想から有料予想までの体験をまとめていきますので、最後まで是非御覧ください。

レッツボートの無料予想を追いかける

というわけで、レッツボートから実際に提供された無料予想を見ていきます。いきなり参加というのはリスクも伴いますので、まずはチェックから始めていきましょう。

レースを初観戦した日は2018年10月05日(金)。
開催場は徳山でレースは07Rです。

選手会会長杯の一般レースです。

提供された買い目がこちら。

1号艇の矢後選手を軸とした3連単での提供となっています。

2号艇・3号艇・5号艇・6号艇を2着相手に選んでおり、4号艇だけ度外視しています。

恐らくこの理由に関しては出場しているB1級選手の中で最も外側のコースにいるからと思われます、

いくら階級が低いとはいえ、軽視していると痛い目にあいかねない気もしますが・・。

1号艇の矢後選手はA1級、5.6号艇のアウトコースにはA2級選手が入っています。

4号艇の和田選手は今開催で3連続で連帯しているので、ここでも何かしてくれそうな気がします。

事前に提供された買い目の前売りオッズを調べてみたところ、このようになっていました。

①-②-④ 34.0倍
①-②-⑤ 13.9倍
①-②-⑥ 32.4倍
①-③-② 22.4倍
①-③-⑥ 27.6倍
①-⑤-② 14.4倍
①-⑤-③ 12.2倍
①-⑤-⑥ 13.2倍
①-⑥-② 57.7倍
①-⑥-⑤ 26.6倍

全体的にオッズが割れている事もあって、1番人気の①-⑤-③でさえ倍率は12.2倍となっているので、的中さえすれば利益が出る計算です。

6号艇が2着に飛び込んだり、4号艇が3着に来れば配当もウマくなりますね。

さて、それでは気になる徳山07Rの結果は・・・。

①-④-⑤不的中。最も最悪な結果ですね。

唯一2着相手に選んでいなかった4号艇が2着に飛び込んできました。

ダッシュ勢が好スタートを決めインコースへと絞り込むスタートとなりましたが、1号艇の矢後選手は冷静に張り逃げを展開し先頭をキープ。

2番手3番手争いは熾烈となり、4号艇・5号艇が入れ替わる形が続きましたが、2周目第2ターンマークで内から差した4号艇和田選手が単独2番手となり、そのままゴール。

配当も39.4倍となかなか良かっただけにここは的中を射止めてほしかったところです。

初戦を不的中という結果で幕が開けたレッツボートの無料予想ですが、たった1レースで白黒なんて当然つけられるはずがありませんので、しばらく無料予想を追いかけてみました。

その結果は・・・。

日付 開催場 勝敗 収支
2018/10/10 芦屋05R −10000円
2018/10/11 三国01R −10000円
2018/10/12 徳山04R −10000円
2018/10/18 鳴門05R −10000円
2018/10/19 戸田02R × −10000円
2018/10/24 尼崎01R −4200円

という訳で、観戦結果の合計は・・・

レース数 6レース
的中数 1レース
不的中数 5レース
トリガミ数 1レース
的中率 16.6%
投資金額 60,000円
払戻金額 5,800円
利益 54,200円
回収率  9.6%

6戦1勝5敗トリガミ1。

唯一的中したレースでさえトリガミというどうしようもない結果となりました。

せめて投資金額をまくるくらいの大きい払い戻しなどがあれば、この先に期待が持てたのですが、トリガミとは残念です。

点数も多く、幅広く買っている割には全く的中しないのがレッツボートの無料予想です。

正直参加するメリットなんてありませんが、検証のためにも1度レッツボートの無料予想を購入してみました。

無料予想に参加

参加したのは2018年11月07日の津01R。

まずは出走表から。

鳥羽一郎杯争奪戦のツッキーレースですね。

実際に提供された買い目がこちら。

1号艇の濱崎選手・2号艇の阪本選手・5号艇の守屋選手を軸とした買い目です。

今開催では既に2勝を上げており、アウトコースからのまくり差しもあった事を考えて、今回も堅いと踏んだのでしょう。

相手は2〜4号艇とインコースからセンターコースに寄せてアウトコースは度外視しています。

この買い目ですが、前回24ボートの買い目を初めてチェックした際とかなり似ていますが、大丈夫でしょうか・・・。

変わった点と言えば、前回①-④-②だった買い目が①-④-③に変わってるくらいです。

ここまでチェックした買い目では毎回1号艇が軸となっていますし、気になる点が多いです。

提供された買い目の前売りオッズを見てみると下記のようになっていました。

①-②-③ 5.0倍
①-②-⑤ 14.9倍
①-③-② 4.8倍
①-③-⑤ 7.7倍
①-⑤-② 31.1倍
①-⑤-③ 25.9倍
②-①-③ 34.5倍
②-①-⑤ 83.4倍
⑤-①-② 175.3倍
⑤-①-③ 196.7倍

手堅い買い目から穴狙いまでと今回も幅広い買い目です。

点数を多くしてしまっている分人気決着となるとトリガミになってしまうのが、レッツボートの惜しいところです。

さて、それでは舟券をテレボートで購入します。

レッツボートの推奨金額は1点1000円となっていますが、推奨通りに買う必要もないので、今回は1点100円で購入しました。

気になる結果は・・・・

③-②-①で不的中。万舟券が飛び出しました。

スタートから4号艇が絞っていき先頭に立ちますが、1号艇が抵抗したため両者が外側に膨れてしまいました。

その隙間を縫って3号艇がまくり差しを決めました。同じく2号艇の早川選手もインコースをうまくすくって2番手をキープ。

展開を読むのは難しいとはいえ、1号艇を頭ばかりを頭にすると痛い目に合うという事を24ボートには学んでいただきたいですね。

実際に参加してわかった事ですが、レッツボートの無料予想には参加しない方がいいでしょう。

レッツボートの基本情報をお伝えしておきます。

登録費用 無料
月額費用 無料
登録時PT なし
無料予想 有り(水・木・金・土・日)

レッツボートの有料予想を説明

有料予想の基本的な情報を見ていきます。

プラン名 費用 目標金額
ビギナーステージLOW  14,000円 300,000円
(コロガシ)
ビギナーステージHIGH  28,800円 500,000円
(コロガシ)
ミディアムステージ 48,800 円 1,000,000円
(コロガシ)
アドバンスドステージ  98,800円 3,500,000円
(コロガシ)
アルティメイトステージ 198,800円 5,000,000円
(コロガシ)

レッツボートには合計5つのプランがあります。

ビギナーステージはHIGHとLOWの2種類あり、LOWが最安値で値段が14,000円となっています。

有料プランはすべて3連単のコロガシとなっていますが、無料予想の結果から考えてみてもコロガシを成功させる事ができる可能性は極めて低いと思われます。

また、14,000円の利益すら出せていない時点で参加を考えることもできませんから、レッツボートの有料プランはあってないようなものと考えておくのが妥当でしょう。

今後検証のためにも1度は参加するつもりですので、参加した際は更新させていただきます。

レッツボートのまとめ

ここまで提供される予想に参加してきてわかった事ですが、レッツボートは悪徳競艇予想サイトで間違いないでしょう。

総合結果は・・・。

レース数 7レース
的中数 1レース
不的中数 6レース
トリガミ数 0レース
的中率 14.8%
投資金額 61,000円
払戻金額 5,800円
利益 −55,200円
回収率 9.5%

レッツボートの無料予想をチェックし、実際に参加した結果わかった事ですが、安定感はなく、回収率もよくありません。

レッツボートはユーザーに不利益しか与えない競艇予想サイトと言えるでしょう。

今後もチェックは行っていきますが、この感じを見る限り期待は持てないでしょう。

提供された予想をチェックした際は随時更新していきますので、ユーザーの皆様はお待ちしておいてください。

それでは次回の更新でお会いしましょう。

レッツボートの新着口コミ

  1. NEURONS

    利用している私が率直な感想をコメントさせて頂きます。
    レッツボートは正直あまり使えるサイトではないと思いますね。
    安定した的中とはいいませんが、多少なりともやはり的中して利益を得たいと思う気持ちはあります。
    しかしながらレッツボートでは無料予想・有料予想関係なく不的中ばかりで全くもって的中しません。
    そんなサイトをいつまでも利用してもお金の無駄なので、私は退会しました。
    みなさんもレッツボートを含めた悪徳競艇予想サイトには気をつけてください。

  2. あいじゃく

    やる気なんて微塵も感じないクソサイト発見。
    無料予想5戦全敗とかもう競艇予想サイトとして意味ないでしょ。
    今すぐ閉鎖したらどうですか?レッツボートをいくら利用しても勝つのは不可能。
    お金をドブに捨てるようなもんだからみんなまじで注意な。

レッツボートの口コミを募集しています

カテゴリー一覧

レース場から探す

関東
東海
近畿
中国・四国
九州